Sanyo Densetsu
test

LED照明 街路灯タイプと従来比較

従来型街路灯とLED照明における、消費電力や平均寿命、CO2排出量の比較を行っています。

正社員採用: 業務拡大につき電気工事経験者募集  詳細はこちら

街路灯タイプのLED照明

街路灯のLED化では工事の方法が2つあります。
1つは街路灯のトップにある灯具と安定器を取り替える方法。もう1つは、灯具はそのままで安定器と電球を取り替える方法です。工事コストは後者が前者の20%~50%くらいで可能ですので、灯具をそのまま利用した方が安価ですが、老朽化を加味して選択する方が良いでしょう。

また、この街路灯用に設計されたLEDは高効率で全周に光が拡散されるようになっていますので、既存のものと雰囲気が変わらずに違和感がありません。商店街などの街路灯は補助金も申請できますので、非常に取り替えやすいと思います。

type_image_streetlamp

従来型街路灯との比較

街灯タイプの照明器具は光源にも依りますが、水銀ランプの場合には約60%以上の消費電力削減が見込めます。光源寿命も約3.3倍ですので、高所に取付けられている街路灯のランプを取り替える為に高所作業車を使ったり、道路使用許可を得たりする手間や間接経費を省く事が可能です。

また、街路灯1灯でCO2も2,000kgCO2以上削減できる事は環境に優しく、社会貢献にも役立ちます。

水銀ランプ街路灯200W LED72W 比較
消費電力 210W 78W 約63%削減
平均寿命 12,000時間 40,000時間 約3.3倍拡大
CO2排出量 約3,410kgCO2 約1,267kgCO2 約2,143kgCO2削減

LED照明 街路灯タイプの工事・施工について

街路灯タイプのLEDは取り替える時に、電源の極性があるものが存在します。一度、極性を間違えて電力を投入すると故障する事もありますので注意が必要です。

ただ、最近では極性フリーの製品も販売されているので有効利用すると良いでしょう。街路灯は安全性だけでなく、その付近の店舗や商店街、道路、町並みの美しさを演出する大切なあかりです。様々な製品から良いものを選択してみましょう。

LED照明 街路灯タイプの導入事例

このタイプのLED照明は、下記のような場所に設置することが適しています。

Pocket

Comments are closed.

LED照明導入をプロがサポート

LEDの陥りやすい失敗も知り尽くしたLEDのプロが、貴社のLED導入を、計画から施工までをワンストップでサポート。

pro_free_001b
pro_free_002b