Sanyo Densetsu
test

LED照明 スクエアタイプと従来比較

従来型スクエアタイプの照明とLED照明における、消費電力や平均寿命、CO2排出量の比較を行っています。

スクエアタイプのLED照明

会議室や役員室など天井にデザインが施されている場所に見られるスクエアタイプ。FPL・FHPランプは電気量販店でも¥1,000〜¥3,000/1本の高価なものです。電球交換に掛かるコストダウンが大きく期待できます。また、直付・埋込両タイプが販売されているので、大きさだけチェックすれば取替が可能だと言えます。

スクエアタイプLED照明

従来型スクエアとの比較

(例:FPL36WかFHP32Wの場合)
スクエアタイプの照明器具は一台辺り3〜4本の電球を使っていますから、単純に取替に¥3,000 〜¥12,000の交換費用が掛かってしまいます。もし、これをLEDに取り替えれば、3倍以上のランプ寿命ですから40,000時間の間に一台辺り約¥9,000〜¥36,000のランプ代を節約できます。それに加え、電気代も50%以下になりますから、ランニングコストも大きく削減できます。

FPL36W
(FHP32W)
4灯用
LED
14.9W
4灯用
各比較
消費電力 32.5W 14.9W 約54%削減
平均寿命 12,000時間 40,000時間 約3.3倍拡大
CO2排出量 約2,111kg CO2 約968kg CO2 約1,369kg CO2
削減

LED照明 スクエアタイプの工事・施工について

スクエアタイプのLED照明器具は、ほとんどのものが天井からボルトで吊り下げられております。その為、工事をする前の現場調査時にボルトと器具の取付ピッチ(間隔)が大きく異なる場合があります。その場合、ボルトの位置を替えるなどの余分な工事が必要となる可能性も出てきますので、慎重に製品を選ぶ必要があります。

LED照明 スクエアタイプの導入事例

このタイプのLED照明は、下記のような場所に設置することが適しています。

Pocket

Comments are closed.

LED照明導入をプロがサポート

LEDの陥りやすい失敗も知り尽くしたLEDのプロが、貴社のLED導入を、計画から施工までをワンストップでサポート。

pro_free_001b
pro_free_002b