Sanyo Densetsu
test

LED照明 ハロゲンタイプと従来比較

従来型ハロゲンランプ・照明とLED照明における、消費電力や平均寿命、CO2排出量の比較を行っています。

ハロゲンタイプのLED照明

ハロゲンタイプは本来電球タイプに属するものです。
しかし、敢えてカテゴリーを分けた理由として、消費電力を大きく抑制することが可能となり、その他の効果も含めて、皆さんのニーズにお応えできるお薦めの製品だからです。住宅・事務所・倉庫・スーパー・百貨店など非常に多くのシーンで上記の電球の種類を見かけます。

これは安定器を搭載している一部の照明器具、リモコンや調光器を使用している場合などを除けば、一般の人でも簡単に球交換だけで対応が可能であり、室内の温度を下げてくれますし、照射する衣類の変色や生鮮食品の鮮度劣化を防ぎます。

type_image_halogen

従来型ハロゲンとの比較

(例:ハロゲンランプ100Wの場合)
ハロゲンランプをLEDにすることは最もコストパフォーマンスを実現することであり、約94%節電し、CO2削減を実現します。

定格寿命も電球タイプが4,000時間に対して、LEDは40,000時間と10倍の長持ちです。ここまで消費電力を抑えることで、ランニングコスト削減に貢献するLEDは他にないと言えます。

ハロゲンランプ100W LED6.2W 比較
消費電力 100W 6.2W 約94%削減
平均寿命 4,000時間 40,000時間 約10倍拡大
CO2排出量 1,624kgCO2 101kgCO2 約1,523kgCO2削減

LED照明 ハロゲンタイプの工事・施工について

ハロゲンタイプのLEDは、電気工事が必要なものと不要なものが大きく区分されます。アパレルや生鮮食品売り場などで取付けられているハロゲン電球などを使用したスポットライトなどには安定器が内蔵されて居る場合や調光機能やリモコン操作をしている場合もあります。

この場合には、取り替えた後もLEDが点灯しないなどのトラブルを招く場合もありますので、判断が難しい場合には電気工事士の有する会社に問合せした方が良いでしょう。最近では洋服や食品を色鮮やかに演出するランプも開発されて販売されているので、積極的な交換をお薦めします。

LED照明 ハロゲンタイプの導入事例

このタイプのLED照明は、下記のような場所に設置することが適しています。

Pocket

Comments are closed.

LED照明導入をプロがサポート

LEDの陥りやすい失敗も知り尽くしたLEDのプロが、貴社のLED導入を、計画から施工までをワンストップでサポート。

pro_free_001b
pro_free_002b