Sanyo Densetsu
test

LED照明 蛍光灯タイプと従来比較

従来型蛍光灯とLED照明における、消費電力や平均寿命、CO2排出量の比較を行っています。

蛍光灯タイプのLED照明

事務所・倉庫・公共施設などで一般的に使用されているのはHf(高周波点灯専用形)、FLR(ラピッドスタート)、FL(スタータ形)の蛍光灯タイプがよく目につきます。安定器が故障した場合にも、それを省いてソケットに結線する事で照明器具を取り替える事なく、簡単にLED照明器具に生まれ変わります。

優秀なメーカーでは高い演色性も再現されて、光色も場所に合わせて選べる3タイプがあります。昼光色・白色・温白色が揃い、最近では電球色も販売され始めています。
水銀を含有し、廃棄処理も有料である蛍光灯をLEDに変更する事で、環境にも優しいので社会貢献にも役立ちます。

蛍光灯

従来型蛍光灯との比較

(例:Hf32Wの場合)
Hf32W蛍光灯を13.1W出力のLEDに替える事で、照度を80%維持しながら約55%節電し、CO2削減を発揮します。

定格寿命も蛍光灯が12,000時間に対して、LEDは40,000時間と3倍以上長持ちです。工場など多くの蛍光灯を利用している場所では、球切れを起こした蛍光灯の廃棄処分代も大きく削減できるでしょう。

 例 Hf蛍光灯 32W LED 19.6W 比較
消費電力 44W 19.6W 約55%削減
平均寿命 12,000時間 40,000時間 約3.3倍拡大
CO2排出量 約698kgCO2 約318kgCO2 約380kgCO2削減

LED照明 蛍光灯タイプの工事・施工について

最近、安定器を付けたままで取り替えられるLEDも販売されてきました。しかし、安定器を付けたままであると言うことは、いつかそれが故障して、安定器を取り替える工事費が掛かってしまいます。

また、二流、三流メーカーのLEDなど安価であるという理由だけで選択すると、大切な照度が確保されない、突入電源が元でリモコンスイッチが故障する、LEDが目では見えないチラツキで頭痛がするなど思わぬ事故を招く事も懸念されます。必ず、LEDだけでなく電気工事に関するプロフェッショナルな業者に依頼しましょう。

LED照明 蛍光灯タイプの導入事例

このタイプのLED照明は、下記のような場所に設置することが適しています。

Pocket

Comments are closed.

LED照明導入をプロがサポート

LEDの陥りやすい失敗も知り尽くしたLEDのプロが、貴社のLED導入を、計画から施工までをワンストップでサポート。

pro_free_001b
pro_free_002b