Sanyo Densetsu
test

LED照明 投光器タイプと従来比較

従来型投光器タイプの照明とLED照明における、消費電力や平均寿命、CO2排出量の比較を行っています。

投光器タイプのLED照明

サッカー・野球・テニスコート等の屋外運動場の夜間照明に最適です。さらに従来の水銀灯やメタルハライドランプと違い、LEDは瞬時点灯と瞬時再点灯が可能です。時間をロスすることなく練習が出来ることは、特にプロチームのタイムマネジメントにも有効であると言えるでしょう。

狭角・中角・広角と3タイプあり、LEDの特性と高性能な反射板によって、照射したい範囲以外に光を漏らさないので、その分エネルギーの無駄遣いも減ります。紫外線をほぼカットしているので、虫が寄りにくい低誘虫性もあります。

type_image_floodlight

従来型投光器との比較

(例:メタルハライド1,000Wの場合)
HID(メタルハライド)1,000WタイプをLED400Wに交換した場合、照度はHID以上を確保しても消費電力は大きく削減できます。

ランプ平均寿命も約4.4倍なので、交換に掛かる高所作業車などの間接経費も大幅ダウンでき、トータルコストを削減します。HID(メタルハライド)1,000W相当に比べて、約64%の省エネ効果・CO2削減を発揮します。

メタルハライドランプ1,000W LED400W 比較
消費電力 1,050W 380W 64%削減
平均寿命 9,000時間 40,000時間 約4.4倍拡大
CO2排出量 約1,806kgCO2 約654kgCO2 約1,152kgCO2削減

LED照明 投光器タイプの工事・施工について

HIDランプ用投光器を使用したサッカーや野球などのスポーツ施設照明をLED照明にする場合には、既存照明器具が取付けられているフレーム強度や形状の問題、塩害などの環境の問題などクリアしないといけない条件が多くあります。

また、建築物に施工する場合にも綿密な強度計算や防水処理など専門的知識を有する業者に依頼する必要があります。プロサッカーチームの練習場所や高校のグランドにて施工を行ないましたが、照度は数倍に上がり、紫外線を発しない分、温度で寄ってくる害虫が激減したので非常に鮮やかにフィールドを照らしております。

LED照明 投光器タイプの導入事例

このタイプのLED照明は、下記のような場所に設置することが適しています。

Pocket

Comments are closed.

LED照明導入をプロがサポート

LEDの陥りやすい失敗も知り尽くしたLEDのプロが、貴社のLED導入を、計画から施工までをワンストップでサポート。

pro_free_001b
pro_free_002b