Sanyo Densetsu
test

LED導入を依頼する業者の選び方

残念ながら多くの失敗事例が存在するLED照明。トラブルを未然に防ぐために、起こりえる失敗事例を参考に、業者を選ぶ際に見極めるべきポイントを解説します。

LED照明の交換・工事は、専門性が要求されることをご存知でしたか?

専門性が高い電気設備事業者を選ぶべき理由

LED照明導入を依頼する業者の選び方に気を遣っていますか?電気店など、電気のことならLED照明導入も対応できるかというとそうではありません。新しい技術であるLED照明は、水わまりに弱いなどの弱点があり、設置される環境に応じて、適切な照明タイプを選択するとともに、必要な工事内容も変えなければならないのです。

こうした失敗を未然に防ぐためには、LED照明の専門性はもちろんのこと、豊富な実績・経験を持つ事業者を選定することが必要です。

安さだけをアピールする業者には要注意

LED照明の節電効果や省エネ性だけをアピールし、現場を確認せずに導入を進めるような事業者は注意したほうが良いでしょう。LED照明の節電・CO2排出量削減効果は間違いありませんが、導入環境によっては一概に言えないケースは様々にあるのです。

だからこそ、LED照明導入プロジェクトを開始する前に、節電・電気代削減の試算を出すことが重要です。こうしたシミュレーションをお願いしても対応できない事業者には、任せることはできないでしょう。

また、安いLED照明にはワケがあります。そのため安いなら安いだけのリスクに言及せず、安さだけをアピールする業者には注意すべきです。必ず、保証について、あわせて確認しておくことも忘れてはいけません。

現場の電気設備を確認する

LED照明導入で、よくある6つの失敗事例とその原因

以下は、LED照明導入後に起こりえる事象と原因です。いずれも導入後に現れる事例となりますので、こうした事例を知っておき、業者選定の際に選定要件にして良いでしょう。

LED導入後、すぐに点灯不良や球切れを起こした

不良メーカーか不良品が原因として考えられ、安価なLED照明の多くにみられる事象です。多くは保証により交換できるはずですが、そもそも品質の低い製品を選ばないことです。名前も聞いたことがないメーカーの全てではありませんが、中には粗悪なものが含まれていますので、安さだけで選ばないことがベターです。

LED導入後、以前よりも照度が落ちた(暗くなった)

商品選定のミス。予算を守るために、無理して照度の低いLED照明を選択したか、導入前の照度を確認し、既存の照度を確保できるLED照明を選べなかったようです。多くの場合、業者に経験があれば防げた問題です。

LEDが不点になるが、故障でなくLED自体の性能だった

実はケースとして多くあるのが、LED照明の不具合ではなく、当該取付場所の特性に応じたLED照明を選定せず、不点になるケースです。LEDは水や湿気に弱く、環境特性に応じたLED照明を選ぶか、必要な工事をすべきです。このケースも、LED照明に専門性を持つ事業者であれば、起こらなかった問題と言えます。

LED導入後、お店などのムードが変わってしまった

現場の雰囲気や演出を理解し、照度と色温度を含めて適切なLED照明を選択できなかったという失敗です。LED照明の工事経験が少ない業者には難しい現場と言えます。複数のLEDメーカーを取り扱う事業者であること、また、複数メーカーのLED照明の特性を理解していな限り、扱えない現場と言えます。

LED導入後、スイッチでの制御が利かなくなった

これは完全な商品選定ミスです。導入を担当した事業者が、導入環境と機能をしっかり確認していれば、起こらなかった問題です。LEDメーカーはこうしたスイッチ制御に関する仕様を明確に定めており、環境把握とともにこうした仕様を把握できていなかった事業者の専門性の低さが出てしまった事例です。

LED導入後、ブレーカーが頻繁に落ちるようになった

これもたまに見かける事例です。これは事業者による電気工事のミスの可能性が高いです。また、漏電の可能性もありますから、そのままにしては危険です。すぐに業者に問い合わせ、確認してもらいましょう。


LED照明交換・工事で、信頼のおける業者を見極める6つのポイント

上記のような失敗を避けるには、信頼のおける電気設備事業者に依頼することが第一歩です。
LED照明導入を失敗しないためにも、信頼できる事業者を見極めるポイントは抑えておきましょう。

LED照明交換・工事の実績・経験が豊富

なんといっても、LED照明の取扱い実績をまずは確認しましょう。電気工事屋というだけで依頼すると危険です。

節電・コスト削減効果を試算できる分析力

初期導入費用と節電・電気代削減金額、回収期間等、試算に必要なこれらの情報を収集と分析ができる業者でなければ、後から問題がでる可能性が高いです。

設置・交換個所と建物全体の設備把握能力

設置場所や交換箇所を特定したら、本当にLEDに交換するべきかを明確に説明できる業者を選定しましょう。温度によってリミッターが働いて自動OFFになるLEDなども存在しております。

複数メーカーの特長理解を踏まえた提案

単一メーカー、または安さを全面にノンブランド製品のみを取扱う業者よりも、多くのメーカーから設置場所に適したLED照明を選定・提案できる事業者がベストです。

リスクを提示し、対処策も提示する

LED照明はまだ安価な粗悪品が出回っています。極端に安い見積金額は、リスクがあるということを念頭に置いたほうが良いでしょう。しっかりした業者であれば、安い理由とそのリスクをしっかりと言うはずです。

面談時の立ち振る舞い、品の良さ

LED照明の交換・工事は業務時に行われることも。お客様が来られる時間に実施する中で、導入企業側への配慮だけでなく、企業のお客様に対しても常識的な挨拶他、サービス業としての基本動作が備わっていることも大切な見極めのポイントです。

三洋電設株式会社は、これらの条件を満たす数少ない事業者です。

豊富な工事実績と高い工事品質

官公庁工事での多数実績の他、工場、大規模店舗等、小~大規模まで多様なLED導入工事実績と経験。

複数の一流メーカー取り扱いと安価な提案

優良事業者としての評価から複数の一流メーカーとの直接取引を実現。そのため比較的安価な提案を行えます。もちろん、保証やメンテナンス体制も万全です。

LED導入後の節電効果を事前にご提示

プロジェクト開始前の段階で、現場調査の上、節電効果をご提示いたしますので、安心してLED照明導入を進めることが可能です。

平成26年度さいたま市優秀建設工事業者

プロジェクト進行や管理を含めた質の高い工事業者として自治体より評価いただいています。

安心で確実なLED照明導入を実現する三洋電設のサービスは以下からご覧ください。

LEDプロフェッショナルサービス

Pocket

Comments are closed.

LED照明導入をプロがサポート

LEDの陥りやすい失敗も知り尽くしたLEDのプロが、貴社のLED導入を、計画から施工までをワンストップでサポート。

pro_free_001b
pro_free_002b