Sanyo Densetsu
test

LED照明の導入効果を試算する

LED導入を失敗しないためにも、いきなり導入に踏み切るのでなく、事前にシミュレーションすることをお勧めします。

事前に節電・コスト削減効果を必ずシミュレーションしよう

LED照明の初期導入費用を回収できるのか?

従来型の照明に対してメリットが多いLED照明ですが、最近は価格が下がってきたと言っても、まだ高価なのが実情です。また、従来の照明の代替として適合するLED照明により、削減効果も異なりますので、初期導入費用が回収出来るのか、可能な限りシミュレーションを行いましょう。

以下では、LED照明導入効果のシミュレーション方法をご紹介します。

LED照明導入効果の試算方法

Step 1. 変更する箇所の従来照明のタイプ・品番と個数を確認

まずは、今、設置している照明を把握します。

蛍光灯やダウンライトなど、場所に応じた照明が付けられていると思いますので、目視で確認し、数量を中心に洗い出します。洗い出す際は、簡単で構いませんので、手書き等で室内のレイアウト図を作成し、天井を確認し、どこに、何の、従来照明が取り付けられているかメモしておくと、あとで見返す際、便利です。

このステップで大切なこと

  1. 取り付けられている各照明のメーカーを確認する
  2. 各照明の品番を確認する

sisan_illust_001

Step 2. 従来照明のW数、消費電力などを確認

メーカーと品番を洗い出したら、W数他、消費電力、照度を確認します。

これらの情報は、メーカーに問い合わせる。またはメーカーのホームページに情報が掲載されていますので、参照しながら、一つ一つ情報を収集します。また、その際、場所に応じて、一日何時間、点灯しているか、概要でかまいませんので、確認しましょう。

従来型照明の個数を合計することで、現在の消費電力などが明確になります。

このステップで大切なこと

  1. 各照明の詳細データを収集する
  2. 各メーカーのホームページまたは問合わせでなるべく詳細を把握する

sisan_illust_002

Step 3. 代替するLED照明を選定する

従来型照明のタイプによって、代替可能なLED照明の目処が立ちます。今度は、いよいよLED照明メーカーのホームページやカタログを入手し、照度のほか、適合する照明タイプを参照しながら、LED照明を選定します。

LED照明は水が天敵です。取付け場所によっては、防水・防湿形などを選定する必要がありますので、慎重に選定しましょう。

メーカーにより価格が異なりますので、この点についても十分注意しましょう。この単価は、メーカーによっては、オープン価格となっているため、把握しにくいかもしれません。その場合はメーカーではなく、電気屋さんや電気設備業者に問合わせすることも可能です。

このステップで大切なこと

  1. 従来照明に適合するLED照明を選定する
  2. 価格を調査する

sisan_illust_003

Step 4. LED照明の各種情報の収集し、ギャップを図る

いよいよ、比較です。

収集した従来照明のデータにより消費電力がわかり、またLED照明を選定したデータからは、取り替えた場合の消費電力が把握できているはずです。現状の照明データと取り換え後の消費電力を比較することで、どれだけ削減できるのかが事前に把握できるのです。

このステップで大切なこと

  1. 従来照明とLED取り替え後の消費電力比較
  2. Before / Afterを比較することで、どれだけ削減効果があるか把握する

sisan_illust_004

LEDのプロに導入効果の試算を依頼する

プロに依頼すれば、簡単に試算できる

節電・コスト削減試算の方法は、それほど難しくないものの、煩わしいことは確かです。

LED照明に経験の豊富な事業者であれば、こうした試算は容易です。試算のために必要となる従来型の照明に関するデータはもちろん、代替可能なLED照明の最新データを保有するだけでなく、試算・調査方法が確立されていますので、それほど時間をかけずに試算結果は出るものです。

これらの作業が難しいと感じたら依頼してしまうのも一つの方法です。

節電・コスト削減効果試算は、当社にお任せください

必ずLED照明に強い事業者を選択する

とはいえ、見た目が一緒の電気屋さんと言えど、LED照明導入に対する効果を事前に測定できるわけではないことに注意しましょう。比較的新しい照明器具・技術であるからこそ、多くのメリットの一方で失敗事例もたくさんあるのが実情です。

導入した後に、試算通りにいかない、折角取り付けても不具合ばかり。安いメーカーを選んだら、すぐに点灯しなくなった。。残念ながらLED照明導入が広く宣伝されるなか、こうした失敗事例が後を絶たないのも事実。

必ず、試算を依頼する事業者のLEDの実績や経験を確認した上で、試算を依頼しましょう。

業者を選ぶための見極めのポイントを学ぶ

Pocket

Comments are closed.

LED照明導入をプロがサポート

LEDの陥りやすい失敗も知り尽くしたLEDのプロが、貴社のLED導入を、計画から施工までをワンストップでサポート。

pro_free_001b
pro_free_002b