Sanyo Densetsu
test

LEDに関する補助金・助成金活用

LED照明を導入する上で、補助金・助成金を申請することで導入負担を軽減できる可能性があります。

正社員採用: 業務拡大につき電気工事経験者募集  詳細はこちら

LED照明導入費用の負担を軽減できる補助金・助成金

経済産業省を代表に、エネルギー効率向上や温暖化対策に対して補助金支援制度が発表されている他、各地方自治体においても、同様の目的に対して支援制度があります。
こうした補助金・助成金を活用する事で導入費用を抑えることも可能ですので、積極的に活用を検討しましょう。

国(省庁)管轄の補助金・助成金

以下は、経済産業省や国土交通省、環境省が管轄する支援制度の一覧です。
申請期間がそれぞれありますので、確認した上で事前に申請する必要が有ります。
また、それぞれ、個別の条件がありますので、各詳細については、リンク先の情報を参照してください。

管轄省庁  事業名 申請期間 詳細
経済産業省 地域工場・中小企業等の省エネルギー設備導入補助金/最新モデル省エネルギー機器等導入支援事業(A類型) 平成27年3月16日(月)~平成27年4月15日(水) 詳細
経済産業省 地域工場・中小企業等の省エネルギー設備導入補助金/地域工場・オフィス・店舗等省エネルギー促進事業(B類型) 平成27年3月16日(月)~平成27年4月15日(水) 詳細
国土交通省 住宅・建築物省CO2先導事業 平成26年4月25日(金)~平成26年6月16日(月) 詳細
環境省 節電・CO2削減のための実践促進モデル事業 平成26年6月23日(月)~7月31日(木) 詳細

自治体が管轄する補助金・助成金

各省庁管轄の補助金・助成金だけでなく、各自治体でも支援事業が行われています。
また、省庁管轄の支援事業の多くは、審査が必要ですが、自治体が管轄する制度は、公募事業の予算内、また各規定条件を満たする事で、申請受付順に助成金が支給される場合が多いですので、積極的に活用を検討すべきでしょう。

県におけるLEDに関連する助成金・補助金(関東)

地方自治体  事業名 申請期間 詳細
埼玉県 平成26年度 事業者向けCO2排出削減設備導入補助金(二次募集) 平成26年10月1日~10月31日 詳細
埼玉県 平成26年度埼玉県中小企業ESCO(エスコ)事業補助金(二次募集) ~平成26年10月31日 詳細
東京都 環境対応型商店街活性化事業(平成26年度) 平成26年6月2日~平成26年6月9日 詳細
東京都 中小事業所向け熱電エネルギーマネジメント支援事業(平成26年度) 平成26年11月18日~平成27年1月16日 詳細
東京都 平成26年度 東京都中小テナントビル省エネ改修効果見える化プロジェクト ~平成27年1月15日 詳細
神奈川県 神奈川県再生可能エネルギー等導入推進基金民間施設導入費補助金(平成26年度) 平成26年4月1日~平成26年6月30日 詳細
茨城県 平成26年度茨城県民間防災拠点施設再生可能エネルギー等導入促進事業費補助金 平成26年5月21日~平成26年7月31日 詳細
群馬県 群馬県再生可能エネルギー等導入推進基金(平成26年度) 平成26年4月30日~平成26年6月30日 詳細

上記は、主に関東における県の例ですが、県だけでなく、むしろ市町村単位で事業が展開されているケースが多いです。
そのため、LED照明の設置対象となる施設の所在を確認の上、積極的に市役所等へ確認してみましょう。
国管轄同様に、申請期間や条件がそれぞれ異なりますので、LED照明の導入を決定する前に、確認しておくことが大切です。

LED照明導入の補助金・助成金活用のポイントと注意点

LED照明の補助金・助成金ですが、事前の計画は必ず必要になってきます。
特に申請時に、どれだけ節電効果があるのか、計画を問われる場合がほとんどですので、節電・コスト削減試算や導入の全体額は明確にしておく必要が有ります。
以下は、補助金・助成金活用を考える上で、事前に知っておくべきポイントを整理したものです。
必ず、事前に確認し、導入プロジェクトの全体像を計画しておきましょう。

LED補助金・助成金を申請前に知っておくべき7つの事項

補助金・助成金は事前の審査が必要となり、必ず公布されるとは限らないので注意が必要

審査が必要な事業においては申請から決定まで数ヶ月かかる場合があるため、中長期で計画しておく必要がある

工事を対象としたもの(LED照明の商品は対象外)など、個別に規定条件があるため、事前によく確認しておくことが必要

効果があることを前提に補助金が出るので、どのくらい削減効果が見込めるか、シミュレーションが必要な場合がほとんど

申請は短期的に行う必要が有るので、節電・コスト削減試算は、事前に済ませておくことがベター

補助金交付の決定前に、工事発注をしてしまうと対象外となるケースがあるので、注意

事業の対象年度内が前提となるケースがほとんどであり、年度内に工事を完了させる必要がある

補助金・助成金は、工事完了後、一旦、発注金額を納めた後、支払われるので、事前に資金を計画しておく

Pocket

Comments are closed.

LED照明導入をプロがサポート

LEDの陥りやすい失敗も知り尽くしたLEDのプロが、貴社のLED導入を、計画から施工までをワンストップでサポート。

pro_free_001b
pro_free_002b