Sanyo Densetsu
test

さいたま市優秀建設工事業者に選ばれました!!

さいたま市優秀建設工事業者に選ばれました!!

posted by: sanyo_staff 01 date: 10月 25, 2014 category: Info, LED照明導入現場から comments: 0

IMG_4338

平成26年度 第9回 さいたま市優秀建設工事業者表彰式にて

この度、弊社、三洋電設株式会社は浦和区保健センター非常用発電機更新工事にて工事成績を認められ、表彰を受けることができました。この選出基準は施工レベルのだけではなく、適切な工程管理や安全対策により良好な工事を完成させたことを高く評価して頂きました。

LEDのオフィスなどへの導入にも

LEDを導入する際にも、その省エネ効果やメリット・デメリットを明確にお客様に伝えてあげないといけません。さらにはオフィスなどで配線の直結工事をする際にもお客様のスケジュールによって適正な工程管理をしていかないといけません。以前にも都内のオフィスにて施工時間が制約されている案件を経験しました。既存の照明をLEDにするには安定器を切り離して、直結工事を行うケースがあります。その際に、机にはホコリや汚れが落ちないための徹底した養生にてカバーし、制約された施工時間以内に清掃まで確実に行ってあげて、お客様のオフィス環境が快適になるように最大限の努力をしてあげるべきでしょう。

また、工事を行う前には絶縁検査を行ってあげて、LED照明にする前の既存照明器具の回路に異常がないかを調べておく必要もあります。見てきた中で多い例としては、配線の被覆が傷付いていて、絶縁不良があったケースが数回ありました。スイッチの劣化による絶縁不良もありましたが、問題箇所をその場で指摘してあげて、必要な場合には提案書なども作ってあげるようにしております。

新しい時代を切り拓くために

これから電気工事会社は建設業としての位置付けだけでなく、サービス業としても機能しないといけません。お客様がLEDの省エネ効果を分かり易く理解できるように、弊社では損益分岐点を視覚化して、提案書としてお渡ししております。

BEP資料

LEDを導入するためのイニシャルコストを何年で回収できるのかを明確に示すことで、お客様の経営戦略にもしっかりと貢献できると思います。もちろん、すべてのお客様が早い段階でイニシャルコストを回収できるわけではございません。ですから、提案したすべての企業様がLED照明へ切り替えるわけではないのですが、毎年利益を計上できている健全な企業様はLED照明や電球に交換したその瞬間から電気代が削減されて利益を生み出してくれますから、前向きに検討しても良いかと思います。先日、弊社が群馬県・栃木県・茨城県のすべての店舗を蛍光灯型のLEDに交換した企業様が、すでにイニシャルコストを上回る電気代を創出した為に、さらに省エネ効果のあるLEDに交換するという情報を耳にしました。戦略的な企業様はもうLED2周目に入っております。皆さんもいかがでしょうか??

Pocket

Comments are closed.

LED照明導入をプロがサポート

LEDの陥りやすい失敗も知り尽くしたLEDのプロが、貴社のLED導入を、計画から施工までをワンストップでサポート。

pro_free_001b
pro_free_002b